英会話スクール【個別レッスンVSグループレッスン】

こんにちは。YUKIです。

今回は、英会話スクールで学ぶとき、

個別レッスンとグループレッスンのどちらにするか

について書きたいと思います。

「英会話スクールに行こう!」と決めても、個人レッスンにするかグループレッスンにするかで迷う方が少なくないと思います(どちらかしかないスクールもあります)。

結論から申し上げて、考えるべきポイントは2つ。
出せるお金自分の英語のレベルです。

個別レッスンの授業料はグループレッスンの3~4倍します。グループレッスンが3~4人で受講するので、当たり前といえば当たり前ですよね。
いくつかのスクールを無料体験しましたが、個別レッスンだと、1レッスンあたり8,000円くらいが相場でしょうか。

私は個人レッスンとグループレッスンでは鍛えるべきポイントがちがってくると考えています。まずは個別レッスン、そして次の段階としてグループレッスンの方がいいのではないかと思います。

まず、個人レッスンで鍛えるポイントは、2つ。

1.  自分が言いたいことをある程度言えるようになること。もっと具体的に言うと、よく使う言い回しや、単語を覚えて、使えるようになる
2. 相手が言っていることをある程度理解できるようになる

これができれば最低限の会話は成立します。

次に、グループレッスンで鍛えるポイントは、自己主張力、どちらかというとメンタル面だと思います。英語を話すとき、おそらくその場には外国人がいるはずです。自分の主張を相手に伝え、反対しようものなら説得させる、相手が納得しないなら、ケンカするくらいの強い意志が必要だと思います。やや大げさですが。

こんな感じで議論できるようになったらいいですね。

私が思い出すのは、今から4年前。初めての海外で、カナダの語学学校に通ったときのことです。カナダの語学学校は、ほとんどがグループクラスです。ただ3~4人くらいのクラスもあれば、7~8人くらいのクラスもありました。

あのときは今よりも英語を話せなかったので、フリートークのようなクラスではほとんど話すことができませんでした。そしていつも見ていたのは、ブラジル人とメキシコ人の口論です。彼らはそれほど英語が話せるわけではありませんでしたが、とにかく話す。喋って喋って喋りまくる。相手が話しているにも関わらず、”かぶせて”くるんですね。初めて見たときはびっくりしましたが、後半は慣れました。

同じクラスに私のほかに、もう一人日本人がいました。彼女は、英語をある程度話せて、発音もなかなか上手だったのですが、授業中に発言するのは1回か、2回くらいでした。「○○人だから」と一概に言い切るのは良くないと思いますが、日本人が比較的シャイな性格であるというのは、あながち間違ってないと思います。

ちなみに彼らは、本当にフレンドリーで、授業で話せなかった僕にも「一緒にコーヒー飲もう」と放課後に誘ってくれたりしました(そしてそこでも議論をし、周りの客からクレームが来て、店員に怒られるということが度々ありました)。

話がそれましたが、外国人と話すとき、特にビジネスの場面では、相手を説得させるシーンが必ず出てくると思います。自分の意見を言い、それが相手とぶつかったときには、自分の正しさを主張する。このメンタルの強さみたいなものをつけるためにも、グループレッスンの受講は必要です。単にキレイな発音で自分が言いたいことを言えるだけでは、不十分だと思います。

以上まとめると、

自分が言いたいことをある程度英語で言えるのであれば、グループレッスン、それができないのであれば、まずは個別レッスンをおすすめします。授業料はグループレッスンに比べて高いですが。

そして最終的には、グループクラスで自分の意見を堂々と主張し、相手の反論にも適格に切り返せるようにトレーニングする

といった使い分けをしてみてはいかがでしょうか。

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です