語学学校の選び方@フィリピン留学

こんにちは。YUKIです。

今回はフィリピン留学での語学学校の選び方について書きたいと思います。

一般的にフィリピン留学は、物価・人件費の安さから、

「授業料が安い」
「マンツーマンクラスが多い」

というのが特徴です。

ただこれはほとんどのフィリピンの語学学校で共通していることです。

つまり、「フィリピン留学をする」と決めただけでは、どの学校に行くか決めることはできません。

授業料・設備の充実・留学する地域(治安や物価)・学校の歴史・日本人の割合などなど

まずは自分にとって何が一番重要なのか決めることが大切かと思います。私のフィリピン留学のテーマは「とにかく安いところで、1日でも長く学校に通うこと」でした。

※ちなみに私は複数の代理店に連絡し、一番返信が早かった代理店を中心に、いくつかの代理店にメールで相談しました。最終的には、メールでもたくさんの情報を教えてくれて、「親身に対応してくれている」と思わせてくれた代理店にお世話になりました(結果、この判断について、かなり後悔しました。このことについてはまた別な記事で書きます)。

何度もメールでやりとりをし、そして授業料の一番安い、かつ歴史もある程度ある学校を紹介され、そこに入学しました。
※ちなみにその学校は、私が留学を終えた約1年後に突然の閉校。オーナーが逃げたのでした。。。

「フィリピン留学をする」と決めた時点で、「費用を抑えて留学したい」と思われている方が多いと思いますが、それでも学校によって価格はさまざま。

エリアによっても全然異なります。「リゾート留学」なんていう言葉があるように、セブで留学するとなると、価格も他のエリアと比べて高くなります。

「とにかく費用を抑えたい!」
「ネイティヴの先生がいるところがいい!」
「日本人が少ないところがいい!」
「TOEICクラスの実績があるところがいい!」
「ビジネス英語を学べるところがいい!」
「治安のいいところじゃないと無理!」

などの、希望条件とその優先順位を自分の中で明確にすることをまずしていただければと思います。

ある程度自分の中で軸がないと、代理店に言われるがままになってしまいます。

当たり前のことではありますが、本当に重要なことですので、時間をかけてしっかりと考えていただければと思います。

お読みいただきありがとうございました^ ^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です